ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

首にできるイボの種類

スキンタッグ

スキンタッグとは

スキンダックとは首いぼの一種です。首いぼにも種類があり、1mm~3mm程度の大きさのものをスキンダックと区別しています。首に多くできますが、他にも脇の下や胸など皮膚の弱い箇所に発生する可能性があります。できる年齢は20歳くらいから特に多いのが中高年です。年齢と共に増える傾向があり、最初は小さく目立たないものだったのが大きくなり、スキンダックまで成長して違和感や衣類に引っかかることで痛みなどを感じ治療を選択する人もいます。このいぼ自体は良性の腫瘍のため気にならなければ放置しても大丈夫です。人に移ったり、他の皮膚に飛び火することもありません。主な原因は加齢で直接的な原因はわかっていない面もありますが、年齢ともに徐々に増えるものだと考えておくと良いでしょう。

症状について

スキンダックは特に痛みや痒みといった症状はありません。ただし大きくなったり、できた箇所が悪いと衣類やネックレスの摩擦で多少傷みを感じることはあります。元々が良性の腫瘍で、加齢により皮膚の代謝が悪くなったものですから無症状のことも多いようです。もし何らかの刺激で痛みや痒みが出たら治療を選択しましょう。加齢と共に大きく成長したり、数が増える可能性があるからです。早めに除去しておけば治療も簡単で済み、治療時の痛みが少なく傷跡も残りにくくなります。また、スキンダックができる箇所によっては皮膚の摩擦で痛みや痒みを感じやすい場合もあるため、その場合は早めに治療すると良いでしょう。首や脇の下など汗がたまりやすい箇所、衣類の摩擦が起こる箇所は問題が出る方もいるようです。

治療法について

スキンダックの治療は主に皮膚科で行われます。大きくなりすぎなければはさみや液体窒素などを利用した簡単な治療のため、比較的容易に除去することができます。はさみの場合は大きくなりすぎていない場合に利用され、多少出血や痛みはありますが、我慢できない程の痛みではなく麻酔は使いません。小さければ傷跡も残らず直ぐに治ります。液体窒素は大きくなったものや小さすぎてはさみが利用できないもので適用し、液に付けて凍らせた患部は1週間くらいでポロッと落ちます。大きさによっては数回治療が必要となり、痛みは多少感じます。レーザー治療は小さなものから大きなタイプまで治療が可能ですが、痛みが強かったりより簡単な治療のほうが良いという理由からあまり利用しないようです。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る