ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

首にできるイボの種類

脂漏性角化症

脂漏性角化症とは

脂漏性角化症とは年寄りいぼとも呼ばれており、その名の通り年齢と共に発生しやすくなります。良性の腫瘍の一種で老化現象のため見た目が悪いのみで、できたとしても特に問題はありません。顔や頭など全身ならどこでもでき、最初は1mm程度のザラザラした肌触りですが、徐々に大きくなって目立ってきます。特に紫外線に多く当たる箇所に現われ、顔にシミのようなものができます。色は茶褐色から淡い色まで様々で、平らなものから突起したものなど種類もあります。老化によるシミとも間違えやすいのですが、年々大きくなったり数が増える場合は脂漏性角化症の可能性があります。加齢と共にできやすくなった方は、年に1度はチェックするようにしましょう。

症状について

脂漏性角化症の症状は何も無い場合もありますが、中には痒みを伴うことがあります。平らなものからわずかに突起したものもあり、衣類の摩擦などが問題となることはありません。多くの場合は見た目の悪さや、悪性腫瘍などの心配から医療機関を受診することが多く、症状の悪化によるものは少ないでしょう。指で触れるとザラザラしたような感触があります。通常は見た目の問題だけで放置しておいても問題はありません。しかし顔や首など目立つ箇所だと見た目が気になるため治療したほうが良い場合もあるでしょう。また、いぼが明らかに短期間に大きくなる場合は悪性腫瘍など他の病気の疑いも考えられるため、早めに医療機関を受診してみて下さい。また、大きさだけでなく数が短期間のうちに増殖する際も注意が必要です。

治療法について

脂漏性角化症の治療は電気メスやレーザーで除去が可能です。小さいものでは皮膚科にて液体窒素などを利用し比較的簡単に除去できる場合もあります。患部を急速冷却することで1週間くらい経つとポロッとかさぶたが剥がれてきます。1回で取れなければ数回治療が必要となります。保険が適用される治療方法なら数千円程度で除去が可能なため、大きくなる前に除去を考えるのも良いでしょう。ただし加齢と共に脂漏性角化症と似た症状のものが多くできてきます。日光角化症や一部に悪性腫瘍が現われるなど、心配な場合は早めに診断してもらうと良いでしょう。素人では見た目の区別は付かず、医師でも見た目だけで判断できない場合は病理組織を採取し詳しい検査にまわします。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る