ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

首にできるイボの種類

老人性疣贅

老人性疣贅とは

老人性疣贅とはいわゆる脂漏性角化症のことです。老人性いぼとも呼ばれており、良性の腫瘍が全身どこにでもできます。一種の老化現象で80代になれば誰でも1つや2つは持ってます。色は茶褐色や少し淡いものまで色々なものがあり、一番問題となるのは見た目です。紫外線が原因のひとつとされており、日光に当たる箇所に多くできるため、顔や首など女性ならシミのような状態で気になる方も多いでしょう。早くて20代からできはじめ、年齢と共に数や大きさが出てくる傾向が見られています。小さければそれだけ治療も簡単で傷跡も残らないため、見た目が気になるなら早めに除去してもらえば良いでしょう。日光に良く当たる習慣がある方は、加齢と共に増える可能性があるため定期的にチェックすることをおすすめします。

症状について

老人性疣贅の症状は特にありませんが、人によっては痒みを感じることがあります。皮膚の表面が多少突起しており、指で触れるとザラザラした感触や盛り上がったような感じを持っています。症状が無ければ特に放置しておいても構いません。良性の腫瘍でウイルスにより周りに広がったり、他人に移ることはありません。ただし老化によるもののため年齢と共に数が増加する可能性は出てくるため、気になるようなら治療を選択しても良いでしょう。あくまでも本人が気になるかが問題となっています。また、他に症状が見られていたり、数が急に増える、短期間のうちに大きくなる場合は悪性腫瘍も考慮し早めに診察を受けると良いでしょう。悪性腫瘍の中でも見た目が似ているものもあります。

治療法について

老人性疣贅はまず皮膚科で診察を受けましょう。見た目だけで判断できない場合、悪性腫瘍の疑いがある場合は病理検査にまわし診断します。老人性疣贅と診断されれば液体窒素やレーザー、電気メスなどで治療が行われます。小さなものでは液体窒素を当て患部を凍結させ、1週間くらい経つとかさぶたが剥がれ少しずつ除去できます。この場合麻酔は不要で手軽に除去できますが、1回で取りきれないこともあるため何度か治療が必要となります。他にもレーザーを当てたり、電気メスで患部を切除する方法もあるため、メリットやデメリット・費用などを考慮し治療方法を選択しましょう。サイズが大きくなれば外科手術が必要となるため、小さいうちに除去したほうが傷跡も残りにくくなります。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る