ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

首にできるイボの種類

老人性いぼ

老人性いぼとは

老人性いぼとは加齢により発生しやすいことからこの名前が付けられています。ウイルスや細菌感染などの影響ではなく、主に紫外線の影響により年齢的に発生するものと考えられています。そのため人に移ったり、他の場所に飛び火することはありません。ただし、年齢と共に数や大きさが増えることがあるため、気になる方は早めに除去することも考えると良いでしょう。これは加齢により誰でもできるもので、いぼという名前が付いていますが、形は様々です。茶褐色や肌色に近いもの、大きさも1mm程度のものから数mmと大きくなることもあります。脂漏性角化症と同じタイプで、単に呼び方が違うだけでどちらも全身に発生します。20代からもできるため若い方にはあえて脂漏性皮膚炎という名前を使うことも多いようです。

症状について

老人性いぼは手の平や足の裏以外なら全身どこでもできます。ただし紫外線などの影響も原因のひとつと考えられており、肌の露出が多い箇所に多く見られています。顔、頭部、胸、背中などに多く発生する傾向があります。症状は特に無いため見た目が問題なければ気にする必要はありません。稀に痒みを伴ったり、痛みを伴う場合は病院で詳しい検査をすると良いでしょう。他の皮膚病や老人性シミなども考えられます。不快な症状、見た目の問題が無ければ良性の腫瘍のため放置しても大丈夫です。老人性いぼは触れるとザラザラしたり、わずかに突起しているように感じられます。治療を選択する場合は美容外科や保険が適用の方法などで除去できます。何らかの症状がある場合、美容上気になる場合は皮膚科を受診しましょう。

治療法について

老人性いぼは加齢と共に誰でもできるため気にしなくても良いのですが、顔や首など目立つ箇所だと女性なら除去したいと考える方もいるでしょう。小さく盛り上がっているものははさみで除去したり、液体窒素やレーザー、電気メスなどで治療が行われます。皮膚科に受診すると適切な方法を選択してもらえます。日常生活に不便なもの、見た目が気になる場合は治療を選択すると良いでしょう。通常は見た目で判断しますが、悪性腫瘍と区別が付かなければ組織を切り取って調べてから適切な治療が開始されます。一般的には見た目やダーモスコピー検査で診断が付き、液体窒素などを利用し何度か除去する治療が行われます。黒くなった部分は1週間位するとかさぶたとして一緒に剥がれ落ちます。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る