ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

首いぼについて

自宅でケアする

保湿の大切さ

イボや色素沈着には保湿がもっとも大切

首いぼに悩んでいる方は保湿を心掛けると予防に繋がることを覚えておきましょう。

首いぼは、紫外線などの皮膚への刺激、下着などの摩擦などが原因となります。若いうちは、皮膚の代謝の良さが原因を跳ね除けるので、症状がでません。しかし、加齢に皮膚の代謝が落ちてきた際に、痛みを重ねた皮膚が悲鳴を上げてしまい、イボとなって出現します。

首いぼができてしまったら、まずは保湿を心がけましょう。保湿すると、皮膚の潤いがアップし、代謝が良くなったり、摩擦が軽減したりして予防に繋がります。保湿と同時にUVカット機能もあるアスタキサンチンや植物オイルなどの保湿成分を利用するのもおすすめです。

保湿クリームを使って首いぼをケア!

顔は毎日スキンケアすると思いますが、そのついでに首にも保湿クリームを塗りましょう。顔に化粧水やクリームを塗って手のひらに余った分を伸ばすだけでOKです。毎日すこしだけ多めにスキンケア剤を手に取り、首に延ばすようにすれば忘れないですみます。

特に首いぼができやすい方、一度でもいぼができたことがある方は再発防止のためにもオススメです。

ヨクイニンとは

ヨクイニンとは

ヨクイニンとは、ハトムギに含まれる成分のことです。ヨクイニンは古くからイボ取りに利用されてきた漢方薬の一種です。飲み薬や塗り薬など色々なタイプがあり、最近ではハトムギの成分を配合させた美容クリームなども売られています。

つまり、食品として利用するものはハトムギ、漢方薬として利用する成分のことはヨクイニンと呼ばれているわけです。ハトムギは食べてもよし、体に塗っても飲んでも良しの万能な植物なのです。

ヨクイニンの効果ってこんな感じ

ヨクイニンは、イボ取りの治療薬として皮膚科にて採用されているくらいなので、効果は期待して間違いないでしょう。

ヨクイニンは、ビタミンB群の栄養素に優れており、皮膚の代謝を高めます。代謝が高まることによって、イボ取りや魚の目やニキビなどの肌のトラブル改善に利用されているのです。

また、二の腕のブツブツの症状改善に処方することもあるそうです。他には、シミの除去にも効果的です。最近ではガンにも効くのではないかといわれ注目されている成分です。

杏仁オイルとは

杏仁オイルとは?

杏仁オイルとはアプリコット(杏)の種子からとれる油のことです。

杏仁オイルは、脂肪酸・バルミトレイン酸・オレイン酸などを含み人の皮脂に近い油分を持っています。植物から作られる油ですから肌に優しく、浸透性があり過敏肌の方でも使用しやすいでしょう。

また、杏仁オイルは紫外線から肌を守る効果や肌の新陳代謝を高める効果があるとされスキンケア商品にも配合されています。

1本あると万能なオイル

杏仁オイルは1本家庭にストックしておくと、色々な箇所に使えて重宝します。

杏仁オイルを毎日のスキンケアとして利用すれば、肌に潤いを与えます。また、髪に付けることもできます。

杏仁オイルは、植物成分のため肌に優しく赤ちゃんや妊娠線予防のマッサージオイルとしても利用できます。ハンドクリーム代わり、ヒゲ剃り後のケア、オイルパック、手足のカサカサ対策など体中どこでも使える万能アイテムです。

首いぼが大きい場合はレーザーで取る

大きい首いぼは病院で診てもらいましょう

首いぼが大きくなりすぎた場合、自分で予防して改善することは難しいと言えます。首いぼが大きい場合は、病院で診てもらいましょう。

イボといっても、悪性化しているものや伝染性のもの、ウイルスによるものなど原因が様々です。「首いぼ」だとしっかり診断してもらい治療を開始したほうが良いでしょう。万が一悪性化している場合は、下手に触るとガンが活性化するなど悪影響を及ぼすこともあるので、注意が必要です。

病院の治療後も再発する可能性あり

首いぼの治療は、病院で適切に除去してもらっても再発することがあります。レーザー治療で除去しても、除去部分が浅すぎれば再発します。また、深すぎれば傷跡が残るなど技量の差が出やすいのです。

病院治療のオススメは、炭酸レーザーで除去する方法です。少しずつ微妙な作業により除去することができます。

首いぼの再発を予防するにはUVケアを行なって肌の老化を防ぐことが必要です。手術後はUVクリーム、保湿を心がけ、ビタミンCなどを補給しながら傷跡を目立たなくしましょう。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る