ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

首いぼコラム集

手のひらに出来るイボの種類と対策

手のひらはイボがもっとも出来やすい場所のひとつ

イボは体幹以外のほとんどの部位に出来ると言われています。
その中でも最も出来やすい場所が手のひら、首、足ではないでしょうか。
イボはどこに出来ても外見を著しく変化させてしまうため、すぐに治したいのですが手のひらの場合はなかなか完治させることが出来ません。
理由は簡単で手のひらは生活をする上で様々な刺激を受けやすい場所だからです。
例えば物を持つとき、家事をするときなど、人間が活動するときは大抵手のひらを使っていますよね。
イボは刺激を受けると大きくなったり広がったりする特徴があるので、生活による刺激を受けやすい手のひらに出来てしまうとなかなか完治しないのです。
しかし、工夫して治療すれば治らないということはありません。

手のひらに出来るイボの種類

手のひらに出来るイボの対策をご紹介する前にまずはイボの種類についてご説明します。
最も出来やすいのが魚の目、というイボです。
魚の目は中心に芯が出来る直径3mmから8mm程度のイボで、大きくなるにつれて芯が皮膚を刺激し痛みを伴うという特徴があります。
基本的には足裏や足の指辺りにできることが多いと言われていますが、指や手のひらにもしばしば発生します。
次に多いのが老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)です。
イボといえば老人性疣贅というくらいどこにでも出来る老人性疣贅は比較的完治しやすいことと、成長・拡散しやすいことが特徴です。
手のひらに発生した場合は大抵大きくなることが多いようで、指に拡がることもあります。
あかぎれなど手のひらや指に外傷が出来た場合によく発生するウィルス性のイボも紹介しておかなければいけませんね。
手のひらやその近くに発生するウィルス性のイボで多いのは尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)の二つです。
ヒトパピローマウィルスや人乳頭腫ウィルスによって引き起こされるウィルス性のイボは一度出来てしまうと瞬く間に拡散・成長するという特徴を持っており非常にやっかいです。
また素人目には老人性疣贅と区別がつきにくいため対応が遅れがちになる点も特徴といえるでしょう。

手のひらに出来るイボの対策

基本的にはイボが出来たらすぐに病院へ行くか、内服薬などによる治療を開始することが望ましいです。
ここでは各イボの治療方法と対策についてご紹介します。
魚の目と老人性疣贅に対して最も有効な対策方法は保湿と肌環境の維持です。
特に乾燥肌・冷え性の方は魚の目や老人性疣贅が発生しやすいので気を付けてくださいね。
手のひらは人間の身体の中でも特に乾燥しやすい箇所なので、空気が乾燥する秋・冬はしっかり保湿クリームを塗っておくようにしましょう。
また、使う保湿クリームも少しこだわってみると良いかもしれません。
例えばラベンダー、ティーツリーなどの天然由来のアロマオイルを配合した無添加のものなどは特に効果が期待できるでしょう。
もし、それでも手のひらに魚の目や老人性疣贅が出来てしまったらヨクイニンなどの肌環境の向上が期待できる内服薬を飲んで様子を見ましょう。
一時的な肌荒れが原因で発生したイボであればすぐに治るはずです。
それでも治らない場合は医師に相談するようにしてください。
特に明らかに拡大・拡散がはやいイボだった場合は素早い処置が重要になります。
魚の目や老人性疣贅など、肌荒れや乾燥を原因としてできるイボの場合はそこまで急いで治療をする必要はありませんが、ウィルス性のイボであった場合手のひら全体にイボが拡がる可能性があります。
ウィルス性のイボを治療するには液体窒素や炭酸ガスレーザーによる外科的治療を医師に行ってもらうのが一番です。
もし、目に見えてイボが拡大・拡散するようなら、すぐに皮膚科で適切な治療を受診するようにしてください。
ウィルス性のイボは一度発生してしまうとやっかいですが、対策は簡単です。
基本的にウィルス性のイボは外傷がない場合は感染しにくいため、生活をする上でどうしても出来てしまう傷をそのまま放置せず、カットバンなどでふさいでおくだけで充分予防することが可能なのです。

まとめ

手のひらにイボが出来てしまうと辛いですよね。
生活はしにくいですし、何より外見が気になってしまいます。
しかし、手のひらに出来るイボは予防さえしっかりすれば簡単に予防することが出来ます
また、予防したのにイボが出来てしまったという場合でも、早めに病院に行けばすぐに治すことが可能です。
手のひらのイボは魚の目、老人性疣贅ウィルス性のイボなど様々な種類がありますが、対応を間違えない限りは大事に至ることはありません。
しかし、初期対応を間違えてしまうと治療に想像以上の時間が掛ってしまうこともあります。
今回ご紹介した予防・治療方法や対策を参考に、くれぐれも「イボなんて」と軽く見ることなく適切な治療を心掛けるようにしてくださいね。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る