ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

首いぼコラム集

指に出来たイボは治りにくいって本当?

身体の部位の中でも物に触ることが多い指

私たちは日々の生活の中で様々なものに触れます。その中でも特に指は他の部位に比べてより多くの箇所に触れるのではないでしょうか。
例えばこの記事を書くために私の指は何百、何千回とキーボードに触れています。
そんな指が時として私たちに害をもたらすことがあります。
指は様々なところに触れるので、その分細菌やウィルスが指に付着するリスクを多く作ってしまうのです。
そうした指で目を擦ったり、傷口を触ったりすると、指が間接的にウィルスや細菌を感染させる原因を作ってしまうことになりますよね。
また指はその特徴からとても汚れやすい箇所です。
なので、指が何かしらのウィルスや細菌に感染してしまうと、なかなか治りにくいのです。
特にイボなどが出来てしまうと、他の部位に比べて進行がはやく、治りにくいイボとなってしまうでしょう。

指に出来るイボの種類

指は傷つきやすいですから、そこからウィルスが感染して発症してしまう場合が多いのだとか。
例えば冷え性の方は冬の季節、あかぎれなどに困っておられますが、この状態はイボの大好物とも言える状態。
冬場は乾燥していてウィルスが空気中を活発に動き回り、尚且つあかぎれによる侵入ルートが出来上がっているため、指にイボが出来るリスクが高まってしまいます。
このように傷口からウィルスが入り込むことによって出来上がるウィルス性のイボを尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と言います。
尋常性疣贅を発症させるヒトパピローマウィルスはそこまで感染力は強くありませんが、傷口にウィルスが付着してしまうと、かなりの確率で尋常性疣贅が出来上がってしまいます。
尋常性疣贅の特徴は首などに出来やすい老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)などに比べて非常に拡散・拡大のスピードが早いことです。
はじめはひとつだけだった指のイボが一か月で5、6つに増えていたというのは稀な例では無く、免疫力が弱い方の場合更に多くのイボが出来る場合があるそうです。

指に出来たイボの治療法

イボ治療には様々な種類があります。まずは家庭で実践できるものからご紹介しましょう。
まず、何と言ってもイボの治療と言えばヨクイニンでしょう。
ヨクイニンとはハトムギを中心とした数種類の薬草を混ぜ合わせて作られる漢方薬で、古くからイボ治療のための薬として重宝されてきました。
ヨクイニンは肌環境を内面から整えてくれる効果があるので、再発のリスクを減らしつつイボを除去することが出来ます。
また、漢方薬なので副作用等の心配がありません
もうひとつ自宅療法として有名なもので『自分で切る』というものがありますが、これはオススメできません。
ウィルス性のイボを下手に切除してしまうと、かえって拡散させてしまう場合があるためです。
はやく治したいという気持ちはよくわかりますが、なるべく自分でイボを切るのは控えるようにしましょう
次は病院で受けることの出来るイボ治療についてご紹介しましょう。
病院で受けられるイボ治療には液体窒素を用いた治療、炭酸ガスレーザーを用いた治療のふたつがあります。
症状次第ではこれに加えてヨクイニンなどの漢方薬を処方され、内服薬による治療を勧められる場合もあるそうです。
液体窒素でイボを取るのははっきり言って痛いです。
鋭い痛みがした後、火傷のあとのような痛みがしばらく続きます。
また、イボの数が多いと何度も通院して治さなければなりません。
デメリットばかり目立ってしまう液体窒素によるイボ治療ですが、再発リスクを減らすことが出来る点や治療コストを考えると優れた治療方法と言えます。
どうしても痛いのは嫌だという方は炭酸ガスレーザーによる治療を検討してみましょう。
保険適用が出来ないので治療費は高額になりますが、日々の仕事や家事で使う指が痛むのを避けたいと考えるのであればこの治療方法がオススメです。
注意しなければならないのは、炭酸ガスレーザーによる治療を受ける場合、皮膚科ではなく美容外科に行かなければならないということです。
最近では皮膚科でも炭酸ガスレーザーによる治療が普及してきているようですが、基本的には美容外科が得意とする治療です。

まとめ

指にイボが出来ると気になりますよね。
また、液体窒素などで簡単に治ると分かっていても、痛みの問題から敬遠してしまう方も多いのではないでしょうか。
しかし、指に出来るイボの多くはウィルス性の尋常性疣贅である場合が多いため、放っておくとすぐにイボが周辺に拡散したり、大きくなってしまったりします
ウィルス性のイボはあまりに放置すると完治までに数年掛かる場合もありますので、指にイボが出来たらすぐに治療を開始するようにしましょう。
また、予防としてハトムギ茶などを毎日飲むことで、ウィルスの感染を防ぐことが出来るようです。
出来る前に予防、出来てしまったら迅速な治療の開始を心掛けて、イボの悪化を防ぐようにしてくださいね。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る