ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

首いぼコラム集

首イボをちぎるのは絶対に止めよう!

首イボはちぎって軟膏を塗ると治るってホント?

これは間違いだと言い切れませんが、再発・感染のリスクを考えると間違いと言って差し支えないでしょう。
首イボは厄介な病気です。
下手に刺激したり、出血を伴うような荒療治をしたりすると、そこからウィルスや細菌などに感染し、別の病気になることがあるのです。
確かに首イボをちぎるのは古くから行われてきた治療ですので、年配の方を中心にこのような治療法は支持されていますが、現代の医学に照らし合わせてみると些か荒っぽすぎると言えるでしょう。

現在、首イボの治療について医師に相談すると大抵の場合は液体窒素によるイボの除去を行うのと並行して、ヨクイニンなどの肌の代謝を高める内服薬を飲むことを推奨されます。
これはただ単に首イボを除去しただけでは場当たり的な解決にしかならず、首イボの根治が不可能であると分かっているためです。
若い方であればまだ新陳代謝も活発で、突発的な首イボが出来たとしてもちぎるなどして除去した後に軟膏を塗っておけば治るかもしれません。
ですが、基本的に首イボの原因とされるのは、肌の代謝が弱まることによる肌荒れなどですので、そんな状態では首イボをちぎった後、傷口が再生せず、他の皮膚病を抱えることになるでしょう。

最も怖いのはウィルス性の首イボになること

首イボの多くは老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)と呼ばれるものか、その派生形であることが多いです。
この老人性疣贅はほとんどの場合30代後半以降に出来ることの多いイボです。
肌環境や代謝の悪化により角質などの古い皮膚層が剥がれ落ちず、老廃物をため込んでイボになります
老人性疣贅はすぐに対処すれば、取り留めもない皮膚病のひとつと言えます。

しかし、放っておくと周囲に拡がったり、時には数センチほどの大きさまで成長したりするので、油断はできません。
拡散や成長を恐れてイボをちぎる、というのは首イボを治療する上で失敗しがちなケースの大多数ですが、そこからウィルスに感染した場合はちょっと面倒です。
小さなイボであれば特に問題なく治ることもあります。
しかし、数センチほどになった首イボをちぎると、かなりの出血と激痛に見舞われますし、むき出しの皮膚を晒すことになります。
ウィルス性の首イボが出来るときは、このようにちぎるなどの荒療治を行った結果出来上がる傷口からウィルスが感染するケースがほとんどだそうです。

ところで、なぜウィルス性のイボは老人性疣贅などの普通のイボと比べてやっかいなのでしょうか。
詳しくご説明しましょう。

ちぎるなどして出来た傷口からウィルスが入り、ウィルス性のイボが発生した場合、早急に対処しなければ、かなり早いスピードで成長・拡散してしまいます。
このスピードは普通のイボの比では無く、日に日に増えていくようです。
首全体がイボで覆われてしまうと、病院に行くのもためらってしまいますよね。
そこからまた悪循環が起こり、手が付けられないような状態に発展していくのです。
いよいよどうしようもなくなり、それから病院に行っても、おそらく直ぐに治るということはないでしょう。
あまりにも成長してしまったウィルス性の首イボは、液体窒素による除去が通常の治療スピードでしていても追い付かないので、駆け足で治療を進めることになります。
ひとつ取るだけでも痛い液体窒素による治療を何回も、何年も続けることになるのです。
はじめは小さな普通の首イボだったものが、ちぎってしまったばっかりにこのような事態を招くことがあります。
そして、それは珍しいことではありません。

ちぎるのは止めて、医師に相談するか美容に心がけよう!

首イボをちぎることにどれだけリスクがあるのかご理解いただけたでしょうか。
老人性疣贅などの普通の首イボであれば、ちょっと肌に良い生活を心掛けるだけで治る場合があります。
首イボをキレイに治す上で心掛けたいことは『焦らない』ということです。
確かに一度出来た首イボはとても気になりますから、すぐに治したいという気持ちはよく分かります。
しかし、焦ってはいけません。
まずは美容に良い食習慣を心掛けるなどして身体の内面を整備していきましょう。

首イボは肌環境に綻びが生じることによって出来るものです。
ビタミンやミネラルなどの必須栄養素を摂る、酵素がたくさん入った生の食品を食べる習慣を付けるなどすれば、少しずつ肌の環境が整っていきます。
そうすることで自然と首イボが消え、以降首イボが出来にくい体質になることが出来るのです。
また、どうしても気になるという場合は病院に行って液体窒素や炭酸ガスレーザーなどによって除去してもらうというのも良いでしょう。

どちらにせよ、首イボは放っておくとひどくなる一方で、無理に治そうとすると逆効果になってしまう病です。
はやくどうにかしたい気持ちを堪えて、ゆっくり焦らず治療していってくださいね。
回り道なようで、実はそれが最も確実ではやく首イボを治す近道なのです。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る