ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

首いぼコラム集

髪の毛で首イボが取れるって本当なの?

昔ながらのイボ治療

昔ながらのイボ治療として、髪の毛で首イボを縛るというものがあります。ある程度髪の毛の長さがなければできない治療法ですが、かなり古くから首イボ治療として役立てられてきた方法なのだとか。やり方は簡単で、まず髪の毛を一本抜き、イボをきつく縛ります。その後、締め付けが緩くなるたびに髪の毛を結びなおします。手軽な方法で広く普及しているため、実践したことがあるという方は多いかもしれませんね。また、髪の毛では無く糸で代用する場合もあるようです。この方法はハサミや爪切りで切り取る方法より傷口が浅く、出血や化膿なども比較的少ないと言われています。何日か首イボを縛っていると、首イボが黒く、固くなっていきます。このとき、ちょっと気になるかもしれませんが、触らずに自然に落ちるのを待つようにしましょう。無理やりちぎったり、切ったりしてしまうと傷を作ってしまいます。そこからウィルスや細菌が入り込む可能性もあるので充分注意してくださいね。

ただし、症状が重くなる場合も

しかし髪の毛を使った首イボ治療は基本的にオススメ出来る治療法ではありません。その理由のひとつが傷口からウィルスや雑菌に感染するリスクがある点です。首に出来るイボは大抵『老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)』と呼ばれる良性腫瘍である場合か、そこから派生した脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)アクロコルドンスキンタッグである場合がほとんどです。これらの首イボは広がったり、大きくなったりすることがあるものの、放っておいても健康上なんら問題ありません。しかし、髪の毛や糸などでこれらの首イボを除去してしまうと、傷が出来てしまいます。そこからウィルスが入り込むと、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)、扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)などのウィルス性の首イボが発生してしまうのです。これらのウィルス性のイボは一度感染すると瞬く間に拡大・拡散するため非常にやっかいです。万が一ウィルス性のイボにかかったあと、放置してしまうと、何年も治療を続けなければならない可能性もあります。たしかに髪の毛で縛る治療法はすぐに首イボを切除出来るため、ついついやってしまいがちですが、このようなリスクが存在することを理解しておきましょう。

首イボが出来ない下地を作ることが第一

首イボが出来るのはある程度仕方のないことです。加齢による肌環境の悪化により発生する老人性疣贅などはいくら気を付けても出来るときは出来てしまいます。しかし、日ごろの肌のお手入れを欠かさないことで、ある程度首イボの発生を抑えることが可能です。例えば酵素ドリンクなどを摂取することで代謝を上げるのはオススメです。人間の肌は代謝によって再生されます。酵素を多く摂取する習慣を付けていると、代謝が向上するため、肌環境が向上し、首イボが出来にくくなるのです。また、保湿クリームなどで肌荒れを起こさないように気を付けるのも重要です。特にオススメなのは無添加の保湿クリームです。肌に悪い成分が入っていない無添加の保湿クリームであれば保湿だけでなく肌環境の改善を図れるので、是非試してみて下さいね。

一番良いのは病院に行くこと

結局のところ、首イボの治療は病院で行うのがベストだと言えます。病院での治療であれば、100%ではありませんがウィルス性の首イボに感染することもなく安全です。早期の老人性疣贅であれば、痛いと噂の液体窒素による治療も一度で済みます。悪化してから何年も病院に通うことを考えれば、はじめから病院で治療する方が良いでしょう。ちなみに最近は美容外科等で炭酸ガスレーザーによる治療も行われているようです。炭酸ガスレーザーを用いた治療では、イボを一度で切り取ることが出来、治りもはやいようなので、早く首イボを治したいという方は検討してみると良いかもしれません。ただし、保険適用がされない場合がありますので、病院に行く前にあらかじめホームページなどで治療料金を確認しておくようにしましょう。イボひとつにつきおおよそ300円から500円程度が相場のようです。

まとめ

首イボの治療についてインターネットで検索すると、様々な自宅療法が出てきます。中にはまさかと思うような荒療治も散見されますが、基本的に首イボは個人で治すものではなく、専門医による治療が必要なものです。運よく自分で取り除いた首イボが良性のもので、周りに拡がることなく完治すれば良いのですが、もし誤ってウィルス性の首イボを拡散させてしまった場合は目も当てられません。そのような事態にならないように、日ごろのスキンケアを徹底するようにしましょう。もし、それでも首イボが出来てしまったら、可能な限り、自宅で髪の毛などをつかった治療をするのではなく、病院で治療してもらうようにしてください。面倒かもしれませんが、そうすることが首イボ治療をする上で一番の近道なのです。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る