ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

首いぼコラム集

首イボを糸で切ることはやめた方が良い

ついついやってしまいがちな首イボの自宅療法

ある日突然鏡を見ると、自分の首にイボが・・・。という経験をしたことがあるという方は少なくないのではないでしょうか。ついこの間までは首イボなんてなかったのに、突然現れてびっくりしたというお話はよく耳にします。また、驚いて糸やハサミで切ってしまう方もいらっしゃるそうです。しかし、この方法はあまりオススメできるものではありません。確かに首元は服を着ても露出してしまいがちな場所なので、どうにかしたいという気持ちはわかるのですが、首イボを糸やハサミで切るのは大きなリスクを伴うのです。

首イボを自分で切ることのリスク

首イボについて軽く考えているという方は多いのではないでしょうか。たしかにイボは腫瘍と言っても癌などの悪性腫瘍ではありませんし、見た目を気にしないのであれば健康上の被害も特にありませんから、なんとなく軽く見てしまいがちです。ですが、大抵の方は首にイボが出来ると可能ならどうにかしたいと考えるのではないでしょうか。首イボが出来ると多くの方が病院で治療してもらうようですが、中には自分でイボを切ってしまおうとする方が一定数おられます。一昔前までイボは糸などで切ったあと軟膏を塗っておけば治るなどと言われていましたが、現在の医学ではその方法は推奨されていません。なぜかというと個人で首イボの切除と予後の管理をすることは非常に難しいからです。専門の知識を持った医師であれば綺麗に首イボを切除することが出来るでしょうが、私たち一般人にとっては首イボを綺麗に切除する方法なんて検討も付きませんよね。大抵の場合は中途半端なイボの切り株が残ってしまうことでしょう。首イボを糸などで切ると、血が出ますし、傷口になるので雑菌やウィルスが入り込み化膿する場合もあります。化膿程度で済めばまだ良いのですが、運悪くウィルス性のイボに感染してしまった場合はもはや個人ではどうすることも出来ません。このようなことが無いように、イボが出来ても自分で治療することは避けた方が良いでしょう。

どうしても気になるなら…

どうしても首イボが気になる、直近に人と会う約束があるからそれまでにどうにかしたいという方で、更に病院に行くことが出来ないという場合は奥の手があります。それは糸で切るのではなく縛るという手法です。小さなイボの場合は糸がイボに引っかからないので難しいですが、糸がかかる程度に成長したイボであれば糸できつく縛ることでキレイに落とせる場合があります。首イボだけに関わらず、イボには血が巡っています。その血流を糸で縛ることで止め、イボの細胞を殺してしまうのです。こうすれば一先ず首イボを除去することが出来ます。しかし、依然として細菌やウィルスに感染するリスクは存在しているので、消毒液を塗布するなどして予防するようにしましょう。また、繰り返しになりますが、こういう手法が存在するからといって、これが推奨されるイボの治療法だという訳ではありません。この方法はあくまで非常時の治療法であり、根本的な首イボ治療を目指すのであれば避けた方が良いです。

ベストなのは自然由来の漢方やアロマ!

首イボを治療するに当たって最も効果的かつ、リスクがないのは自然由来の漢方薬やアロマオイルを用いる方法です。漢方薬に関しては、ヨクイニンというハトムギをベースに作られるものがオススメです。古くからハトムギは美肌やイボの治療に効果があると言われており、厚生労働省の定めるガイドラインでも、ハトムギのイボに対する治療効果は認められています。また、アロマオイルに関してはティーツリーとよばれる草を材料とした『ティーツリーオイル』がオススメとなります。ティーツリーオイルの主な効能は殺菌作用と保湿効果です。ティーツリーから生成されるオイルの性質は人の分泌する皮脂と非常に似ているため、肌に馴染みやすく、保湿効果が期待できます。それに加えて殺菌作用を持っているので、2つの効能でウィルス性のイボが感染することを防いでくれます。ヨクイニンは内服薬、ティーツリーオイルは外用薬なので、併用して使うのもアリでしょう。

広がったり、大きくなったりした場合は病院へ

しかし、あまりにも広がったり、大きくなったりした首イボがある場合は病院へ行きましょう。この場合、糸やハサミで切るのは絶対にダメです。大きくなったイボに神経や大きな血管が通っていた場合は激しい痛みや出血を伴う場合があります。こうなってしまうと、個人では手が付けられないため、医師に相談して治療してもらうようにしてください。

まとめ

首元に出来たイボは目立つため、はやくどうにかしたいですよね。そんな思いからつい、糸やハサミなど身近な道具でどうにかしようとしてしまいがちです。しかし、何事も急がば回れと言います。そのときは良くても後々後悔する原因になりかねませんから、首イボを治療する際は焦らずに、ご紹介した方法を試すか、医師に相談するようにしてください。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る