首イボにはヨクイニンが◎ヨクイニン配合化粧品ランキング>>

首いぼポロっを体験!シルキースワンのレビューはこちら>>

首いぼコラム集

どうしてイボは増えるの?対策できる?

種類によって症状は違う

一口に首イボと言っても、様々な種類がありますから、それに応じて原因も対策も異なってきます。ほとんどの首イボは脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)・懸垂性繊維腫(けんすいせいせんいしゅ)・アクロコルドンスキンタッグの5つに分けられます。ウィルス性のイボが出来る場合もありますが、首に外傷や出血などがない状態でウィルス性のイボに感染することはほとんどありません。まず脂漏性角化症についてご説明します。脂漏性角化症はホクロと見間違えやすいという特徴を持っています。紫外線の影響で生じる脂漏性角化症は放っておくとかなり大きくなり目立ちますが、増えるということはありません。シミのように広がることもあり、治療にはレーザーまたは液体窒素を使います。老人性疣贅は首に出来るイボの中で最もポピュラーなもので、古い角質がうまく剥がれ落ちず、周りの脂質と老廃物を取り込むことで発生します。これが成長すると懸垂性繊維腫になります。放置しておくと更に拡大を続けますので早めに切り取ってしまった方が良いでしょう。老人性疣贅を元とするイボは肌環境の乱れが原因で発生しますので、ひとつ首イボが出来ると周囲にたくさん発生する場合が多いです。またなかなか完治しにくいという特徴があります。ちなみにアクロコルドンやスキンタッグも懸垂性角化症と同じく老人性疣贅の発展形で、主に広範囲に広がったものを指すそうです。アクロコルドンとスキンタッグの判断は難しいところですが、大きな首イボが点在する場合をスキンタッグと呼びます。ほとんどの首イボはこれら五種の所謂良性腫瘍が原因となっていますが、先ほどご説明したようにウィルス性のイボが発生する場合があります。首に傷等の外傷がある場合、ヒトロピローマウィルスというウィルスが入り込み、ウィルス性のイボを発生させるのです。ウィルス性のイボは良性腫瘍によるものよりやっかいで、周囲に広がった場合首以外の箇所にも転移するケースがあります。このように首イボにはたくさんの種類があり、ルーツは同じでも症状は異なります。まずは出来た首イボがどのような種類なのか特定し、その後対策を考えるというのが首イボ治療の流れなのです。

増えるイボの原因と特徴

ご紹介したイボの中で増える主な首イボの種類はアクロコルドンスキンタッグ、尋常性疣贅、扁平疣贅の4つです。アクロコルドンとスキンタッグは老人性疣贅に分類出来ますので実質3種類と言っても良いでしょう。アクロコルドンやスキンタッグはご説明した通り広範囲に広がる良性腫瘍で、主に肌荒れや代謝の低下によって発生します。ウィルス性はありませんが、老人性疣贅の特徴として次第に大きくなるというものがありますので、できるだけ早く除去しておきたいですね。尋常性疣贅は自然に増えることは少ないそうです。基本的には一か所に留まり、大きくなるのが特徴です。しかし、誤って破裂させてしまい、傷口にウィルスが入り込んだ場合などはその限りではありません。扁平疣贅の特徴は平べったく、放置しておくと広範囲に広がっていくというものです。尋常性疣贅と同じくウィルス性のものなので、破裂させたり、無理にちぎったりすると拡散するスピードが速まります。首イボと一言で言っても、このように原因が異なると症状や特徴も違ってきます。ですが、首イボが増えないために出来る予防はすべてのイボに有効です。

首イボが増えないために

首イボの拡散予防でまず実践したいのが肌環境の整備です。どんな種類の首イボでも肌の環境を整えないことには再発のリスクが付きまとってしまいます。アロマオイルなどで保湿するのは手軽に始められて匂いも爽やかなものが多いのでオススメです。例えばティーツリーオイルなどは殺菌効果も期待できるので、ウィルス性の首イボに対しても有効ですし、予防になります。またヨクイニン等の漢方薬も首イボが増えることを予防するにオススメです。アロマオイル然り、漢方薬然り、自然由来のものなので副作用の心配がないというのが嬉しいですね。なかなか時間が取れないという方もいらっしゃるかもしれませんが、ウォーキングなどの習慣をつけて、代謝を向上させることも首イボ予防に繋がります。

まとめ

首イボにはたくさんの種類があります。多すぎてちょっと把握しきれないという方も多いのではないでしょうか。しかし、まずは自分の首イボがどのような種類なのかを把握することは、今後の治療をどう進めていくかを考える上で非常に重要です。また、一度増えてしまった首イボを完治させるには時間がかかります。個人差がありますが、ひどい場合は数年かかることもあるほどです。そうならないためにも、まずは肌環境が悪化しないように心がけ、可能なら運動習慣をつけるなどして代謝の向上を促すようにしましょう。

首イボにはヨクイニンが◎ヨクイニン配合化粧品ランキング>>

首いぼポロっを体験!シルキースワンのレビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る