首イボにはヨクイニンが◎ヨクイニン配合化粧品ランキング>>

首いぼポロっを体験!シルキースワンのレビューはこちら>>

首いぼコラム集

顔にできるイボの治し方

顔にできるイボっていつの間にかできていて、気づかなかったことはありませんか?顔面にできるイボは大きく3つに分けると、自然に治癒しない『尋常性疣贅じんじょうせいゆうぜい』、かゆみを伴い自然治癒していく『扁平疣贅へんぺいゆうぜい』、高齢者に多く発生する『老人性疣贅ろうじんせいゆうぜい』があります。『老人性疣贅ろうじんせいゆうぜい』は若い人がなる場合は、別名『脂漏性角化症ひろうせいかっかしょう』と呼ばれています。今回は顔にできやすいイボの予防の仕方や、治し方をご紹介していきたいと思います。

イボとは?

同じ皮膚にできるプツプツでも、イボとはニキビと言われるものとは全く異なります。イボの正式名称は『尋常性疣贅じんじょうせいゆうぜい』と呼ばれる感染症です。ヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫ウイルス)には数百種類があります。皮膚にできるイボは「皮膚型ウイルス」が皮膚に感染することにより、皮膚にできる良性の腫瘍ができる病気です。

イボ(尋常性疣贅)の原因

身体の皮膚の中の露出部で、傷などができやすい顔、手、指、足裏、膝、腕などのものに触れやすい部分に感染しやすくなります。傷がある部分に感染して、時間をかけて皮膚と同じ色をした「ポチッ」とした発疹ができます。それが次第に大きくなり、表面が角質化して硬くなり白っぽいイボに育ちます。見た目では分からない事が多く、手で触ってザラッとした感触があればイボが育ち始めた証拠です。ここの辺りで気づきにくいのも、イボの特徴でもあります。

また、足の裏にできた「ポチッ」は体重の重さで表面には出てこれないので、魚の目の様になったり、幅広の角質の塊ができます。逆に顔や首などにできるイボは、遮るものがないので、細長く突起状になることがあります。

イボ(尋常性疣贅)の感染経路

ひとつ、顔にできるイボの感染経路は「ウイルス感染」ということは分かりました。外傷からイボになるウイルスに感染して、小さなイボから大きなイボへ成長していきます。また、イボは外からのウイルス感染以外にも原因があるとされています。

それは、「体内ウイルスからの感染」です。人間は疲れが溜まったり、風邪をひいたり、病気などにかかると免疫力が低下します。人間の体内には様々なウイルスが存在しているのですが、イボの原因となる「ヒトパピローマウイルス」も体内に存在します。様々な原因で免疫力が低下したことにより、体内のヒトパピローマウイルスを抑えることが出来なくなり、顔にイボが出来てしまうこともあります。こうなると何処から感染したのかが分からないことが多いので、体調管理をしっかりするというのも一つの予防と考えられます。

イボ(尋常性疣贅)の治療方法

顔にできたイボの治療方法としては基本的に医療機関で治療します。病院での治療方法は「液体窒素治療」、「レーザー治療」、「経口薬治療」の大きく分けて3つがあります。「液体窒素治療」を使用した治療では、液体窒素を顔にできたイボに付けて行う凍結療法を行います。「レーザー治療」では、顔にできたイボの部分をレーザーで焼いて取り除く方法です。「経口薬治療」では、漢方薬や、ウイルスに効果のある薬を飲んで治療する方法です。これはどれもウイルスの種類や、イボの大きさに分けて治療方法を選択することが可能です。治療方法に関しては医師と相談の上進めていくことをオススメします。

イボ(尋常性疣贅)の予防方法

皮膚から感染したイボは、感染経路がある程度把握することができますので、予防方法は明確になってきます。例えば子どもの場合、プールの時期になると『水いぼ』などが流行したりします。水いぼの正式名称は『伝染性軟属腫でんせんせいなんぞくしゅ』と呼ばれています。「ポックスウイルス」というウイルスよる感染症です。感染経路は接触による感染なので、水いぼに触れたタオルやマット、ビート板などを介して感染します。予防としては、自分専用のタオルで顔を拭くこと、他の人とタオルを共有しないこと、ビート板を使用する時は洗って使用して、プールサイドでの休憩の時など顔を着けないことなどがあります。

イボのセルフ治療薬

老人性疣贅ろうじんせいゆうぜい』=『脂漏性角化症ひろうせいかっかしょう』は放っておくと治るのですが、どうせならしっかり顔にできたイボを自分で完治させることができたらいいですよね?市販で販売されているイボをセルフ治療できる商品というのは沢山ありますが、その中でもシルキースワン」というクリームと、軟膏クリームタイプの「ぽっつるん」はオススメしたいクリームです。どちらも顔にできたイボに直接塗ってなおすことが出来る薬です。

どちらの肌ケア商品としても人気な商品ですので、顔にできたイボに直接塗って治すことが出来るので、安心してご利用いただくことができると思います。自分の大切な肌をセルフケアすることも美への第一歩です!

まとめ

顔のイボができやすい場所として、「皮膚が弱い」場所や、「免疫力が下がった場所」です。一番の予防方法は常に顔の皮膚を清潔に保ったり、紫外線に当たりすぎない様にしたりとか、傷がある部分にダメージを与えることを避けることです。顔をゴシゴシ必要以上にこすったり、紫外線での皮膚ダメージは大きいので、直接的な紫外線を顔の皮膚に受けない様にすることが効果的です。顔の皮膚は常に清潔に保ち、ケガや紫外線で皮膚の力を弱めないことで、顔にできるイボができない様に予防しましょう。

首イボにはヨクイニンが◎ヨクイニン配合化粧品ランキング>>

首いぼポロっを体験!シルキースワンのレビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る