ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

首にできるイボの種類

アクロコルドン

アクロコルドンとは

アクロコルドンとは首いぼの一種です。首いぼに種類があるのは大きさや見た目で区別しているためで、その中で一番小さいものをアクロコルドンと呼んでいます。皮膚の表面より突起があまり大きくなく、色は褐色タイプになっています。大きさはホクロくらいであまり目立たないのですが、できる部位によっては数が多くなったり首など目立つ箇所にできるため女性なら気になる方もいるでしょう。
首いぼの直接的な原因はわかってません。ウイルス性や感染性などとは異なっており、主に中高年以降の女性に多く見られます。首以外にも脇の下や胸など皮膚が薄く摩擦に弱い箇所にできやすいことから、皮膚の炎症とも考えられます。いぼ自体は良性の腫瘍のため見た目が気にならなければ治療の必要はありません。

症状について

アクロコルドンの症状は痛みや痒みといった特徴的な症状はあまり見られません。しかし突起が大きくなり汗が溜まって蒸れることで痒みを感じたり、突起がアクセサリーやタートルネックなどに引っかかり違和感を感じる方もいます。元々が良性の腫瘍で病気ではありませんから、不快な症状は現れにくくなっています。気になることといえば突起が大きくなったり、見た目のぶつぶつが目立つことくらいでしょう。治療を選択した方も引っかかるのを改善する意味があったり、見た目の悪さから行っています。中にはできた箇所によって皮膚の摩擦で痒みや痛みを感じる人もいますが、それ程酷いものではないため放置する方も少なくありません。不快な症状がある方はまずアクロコルドンか確定するために医療機関を受診しましょう。

治療法について

アクロコルドンは加齢と共に数が増える傾向があるため、気になる方は治療すると良いでしょう。通常は皮膚科で除去してもらうことができ、比較的簡単な治療で改善します。治療方法は小さいものならはさみでカットし除去しますが、大きくなってくると液体窒素を使ったりメスによる手術が行われる場合もあります。アクロコルドンは殆どが小さなものですから、皮膚科に受診し正しい診断結果に基づき直ぐに処置してもらえます。気をつけたいのは自分ではさみを利用しカットしないことです。自己判断だと違う病気のいぼに刺激を与える可能性もありますし、万が一ばい菌が入ったら傷跡が残る可能性も出てきます。治療はやはり医師の診断を受けてアクロコルドンだと分かった上でやってもらったほうが良いでしょう。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

首いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る